カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 新橋風鈴 | トップページ | 信濃上川 »

2007年7月27日 (金)

混合蕎麦

夜は久々外出の機会があったので大崎『ジャンクガレッジ』に行く事にした。『六厘舎』のセカンドブランドで同じ建屋の裏側にある。扉一枚で繋がっていて昼は表の東池袋大勝軒系『六厘舎』、夜は裏の二郎系『ジャンクガレッジ』の二毛作状態というのは面白い。到着したら『六厘舎』に来た時同様10人くらい並んでいた。30分くらいで席へ。入口に小さな券売機有り。

Jyankgarejjii01 ジャンクガレッジ

『まぜそば(にんにく・チーズ・焦がし・節・アブラ)』 750円+『生玉子』50円+『ベビースター』50円=850円

関内二郎の名物汁なしのトッピングを豪華にしジャンク感を増したのが筆頭のまぜそば。無料トッピングは課長(化調)以外は全部お願いした。生玉子は通常でも付くようでダブルという形になり失敗したかなと思った。麺は噛み応えのある二郎らしい太麺と極太平打ち麺が混合されている。通常状態はもやしとキャベツ主体の茹で野菜と脂が絡んだ豚肉が入っているのだろう。有料トッピングの『ベビースター』はベビースターとポテトチップスを砕いたものだった。面白そうだと思い注文したが、これはいらなかったかもしれない。なぜならば混ぜれば結局アブラニンニクの二郎味一色になってしまうからだ。元々黒胡椒が効いてスパイシーな感じなのだろが生卵がまろやかにしてくれた。ダブルで正解だったのかも知れない。最後のドロドロスープまで完食し満腹だ。

帰りは新宿湘南ラインで帰った

« 新橋風鈴 | トップページ | 信濃上川 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 混合蕎麦:

« 新橋風鈴 | トップページ | 信濃上川 »