カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 退職三人 | トップページ | 茅場昭和 »

2007年6月28日 (木)

雑色和風

有休消化の為午後半休。さよなら蒲田シリーズであるが今日は雑色に出来た新店に突入。雑色周辺の商店街は長大で庶民的。暮らすには便利そうだ。一方二度と来ないのだろうなと思いながら商店街の中ほどにスクーターを止め店を探す。すると木の香りがしてきそうなピカピカの外観、緑色の暖簾を発見。入店するとモワッと厨房の熱気があたる。空調がうまく循環していないよう。厨房には夫婦と思われる男女。奥行きがありカウンター席の向こうにテーブル席があるようで、そこに座っていた前客が一斉に帰るところだった。一旦通路を譲ってからカウンター席に着席。カウンター席には前客三人後客ゼロ。口頭で注文。

Yoshimatu01 麺処 よし松

『らーめん(太麺)』 700円+『煮玉子』100円=800円

メニューは『らーめん』『とんらーめん』『油そば』『つけめん』。当然基本のらーめん注文。麺は中細麺と太麺選択制で太麺選択。結構大きめの丼に出て来た割には量が少ない。先客の回転率がいいのはこういう意味か。スープは魚介だしの効いた醤油で魚粉が浮かぶ。麺は多加水気味のツルツルした太麺。きざみネギとメンマと海苔1枚。チャーシューはあまり印象に残らなかった。トッピングの煮玉子は崩れていて冷たくて印象が悪い。東池袋大勝軒インスパイア系だろうがまだまだ荒削り。値段が高く量も少ない。

日曜日にはスクーターを引き上げる事になるのでギリギリ間に合った新店だった。蒸した天候の中蒲田へ戻った。

« 退職三人 | トップページ | 茅場昭和 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雑色和風:

« 退職三人 | トップページ | 茅場昭和 »