カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 再髭油麺 | トップページ | 五二六塩 »

2007年6月19日 (火)

呉屋正油

今日は午後半休をとった。帰りがけに昼飯抜きの禁を破り平和島の気になっていた店へ寄り道。ラーメン屋らしい店構えだがいつも閉まっていたので気にはなっていたところ、先日バスの車窓から開店しているのを確認した。ちょっと大森方面へ進まなければならないので平日は躊躇していたのだが、今日はもうそんなの関係ない。黒いシックな内外装に屋号の『みろす』の文字。立て看板は記号化されたラーメンの絵。中はL字型のカウンター。先客一人後客ゼロ。券売機は故障中の貼り紙があったので口頭で注文。

Mirosu01 みろす

『味玉らーめん(麺かため・油多め)』 800円

味噌・塩もあったがやはり初回は基本のやつを注文。麺のかたさ・油の量・味の濃さが選べたので家系なのかと思い、いつもどおり「麺かため・油多め」で注文。かなり待たされた。ようやく出て来た大きめの丼の一杯は何と東京背脂系だった。環七系か。麺はコリコリした多加水ちぢれ細麺。細切りメンマと薬味ネギ。半分に切られた味玉二つ。ちょっとこれで800円は高い気がした。

さて蒲田に戻ったが、この時間にこの場所にいると我の中の第一位『呉屋』の昼限定の潮そばが気になる。さんざん迷ったが結局入店してしまった。でもここで券売機を良く見ると基本の正油も昼と夜で違うのを発見!これは基本の正油を初めて注文しようと決めた。先客一人後客一人。

Kureya05 麺匠 呉屋 『正油そば』 650円

以前夜の『醤油そば』を食べたことがあるが、それは青葉系和風魚介醤油ラーメンだった。スープも濁ったものだったが、今回は色が濃いものの濁っていない。魚介ダシが効いているのが判るが醤油の味が強い。麺は中細ちぢれ麺。メンマと海苔と、小さいながら肉厚の炙りチャーシューが3枚も入っている。味か濃いから完食には至らなかったが、相変わらずレベルが高い。もっと評価されてもいい店だと食べながらずっと思っていた。近い内に再び『醤油そば』を食べにこよう。

« 再髭油麺 | トップページ | 五二六塩 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 呉屋正油:

« 再髭油麺 | トップページ | 五二六塩 »