カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 戸塚半蔵 | トップページ | 六郷彷徨 »

2007年5月 1日 (火)

糀谷連食

GW中日の出勤日。朝からぐずついた空模様で雨が降ったり止んだり。帰宅時には雨が一時的に止んでいたので合羽を着ないで済んだ。再び環八沿線の食べ歩き続行である。京急羽田線糀谷駅付近の商店街をかなり奥に行った辺りにある『ちんらん』に入店。古びた小さな中華屋で店内には民芸品等置いてある。厨房には老夫婦。前客後客共にゼロ。完全に場末中華料理屋系の店。我ももうこういうのには慣れて怖気づく事はなくなった。口頭で注文。

Chinran01 らーめん 餃子の店 ちんらん 糀谷店

『らーめん』 430円

小さめの丼で登場。スタンダードな正油ラーメンではあったが、スープに動物系のダシがたっぷり出ていてこってり濃口。麺は柔らかめだったが中太ストレート麺。大きめのメンマ数本と脂少なめのサッパリチャーシューが2枚。それにきざみネギ。意外としっかりした味で食べ応えがあった。

店を出ると少し雨がパラついていたが、そのまま強行。環八沿いには珍しいラーメン専門店『がらがら』。インパクトのある屋号でやけに天井が高く意外と広い店内。厨房の上には東京の夜景がペンキ塗りのようなイラストで描かれている。大きなテーブル席と4人掛けのテーブル席。先客一人後客二人。口頭で注文。

Garagara01 ラーメン屋 がらがら 環八糀谷店

『こってりラーメン』 600円

油そばや少子ラーメン等様々な種類のラーメンがあったが人気No.1と壁に貼ってあった『こってり』を注文。メニューには醤油・味噌・塩とあったので、てっきりこってりとはとんこつのことだろうなと思っていた。ところが出て来たのは東京背脂豚骨系。とは言え背脂は少なめ。麺はかための黄色い多加水気味ちぢれ細麺。具は脂身の多い大きめのチャーシュー、半味玉、なると、大量のもやしときざみネギ、海苔1枚。不味くは無いが満足出来るものではなかった。

« 戸塚半蔵 | トップページ | 六郷彷徨 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 糀谷連食:

« 戸塚半蔵 | トップページ | 六郷彷徨 »