カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 安価一番 | トップページ | 関内日高 »

2007年5月23日 (水)

万豚蒲田

帰りは浅草線で押上から京急蒲田まで乗り下車。わざわざ蒲田で下車した理由は蒲田周辺でとりあえずの最後に残った店『万豚記(ワンツーチ)』へ寄る為だ。と言ってもラーメン専門ですらない中華料理FC店なのだが。中国レトロを醸し出した店内。客入りは良いようだ。口頭で注文。

Wantuuchii01 中国麺飯食堂 万豚記 蒲田店

『醤油らーめん』 600円

ここは坦々麺が美味しいとの事だが、あえて基本の醤油ラーメン注文。でもだいぶ普通の醤油ラーメンとは違うものが出て来た。濃いめの醤油スープはコクがあって辛めでしょっぱい。何となく中国料理的な薬味が入っているようだ。麺は手打ちを思わせる、かなり薄めに切られたちぢれの強い平打ち麺。ざん切りネギと半味玉、繊維を感じるチャーシュー。このところ似たり寄ったりのチェーン店系ばかり食べ歩いていたので、個性があっただけでも評価したい気持ちだ。ちょっとしょっぱかったけど。

« 安価一番 | トップページ | 関内日高 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 万豚蒲田:

« 安価一番 | トップページ | 関内日高 »