カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 戸惑麺無 | トップページ | 再小絶食 »

2007年5月30日 (水)

大阪王将

朝から晩まで雨の一日。特に夜になって一段と雨脚が強くなった。そんな中ラーメン食べ歩きが一段落ついたら行こうと決めていた店へ行く事にした。黒い木造の店構えの『大阪王将』という餃子メインの全国展開中の中華FC店。でもあまり聞かない名だ。餃子と言えば『餃子の王将』だが、何か関係あるのかな?とネット検索してみると、これが大ありで創始者一族が分裂して裁判沙汰になる程の「のれん問題」に発展したという。まぁそんな事はどうでもいい話で、餃子と炒飯をがっつり食べたい気持ちが蓄積していた。ラーメン巡りをしていて横の客が炒飯餃子セットを食べているのを見て何度羨ましく思った事か!そう言いながらメニューを見るとそこにラーメンの写真が目に入ってしまった。そうしたらもうダメだった。「大阪王将のラーメン、大阪王将のラーメン…」と頭から抜けなくなった。ちょうどハーフラーメンというのがあったので注文してしまった。結局ラーメン食べ歩きは1日置いて早くも復帰してしまった。

Oosakaousyou03Oosakaousyou01Oosakaousyou02 大阪王将 平和島店『ハーフラーメン』 347円+『元祖焼き餃子』 210円+『ガーリックチャーハン』 557円=1114円

ラーメン自体は『日高屋』と変わらない、チェーン店的なあっさり醤油ラーメンだったが、「ラーメンだよ!」と何故か気持ちが高ぶって結局完食してしまった。たった1日でそんなに飢えてしまったのか?餃子は『餃子の王将』と何も変わらないレベル。でもこの久々に食べる炒飯は満足した。御飯がちゃんとパラパラしていて、そこに肉そぼろの甘い味と、それに相対するよかのようにニンニクの味付けが食欲を増進させる。食べたいものを食べれるというのは幸せだ。ついつい食べ過ぎてしまった。でもそれにはちょっと理由があったのだが。

« 戸惑麺無 | トップページ | 再小絶食 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪王将:

« 戸惑麺無 | トップページ | 再小絶食 »