カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 桜木地下 | トップページ | 中区四連 »

2007年5月18日 (金)

金曜蒲田

今月中に蒲田周辺の新規開拓は終了しようと連食を重ねてきたが、思いのほかはかどらない。金曜日という事もあり無理は承知の三連食決行。今夜は第二京浜は通らず平和島と大森町の間で京急の陸橋を潜り、開かずの踏み切りをスルー。梅屋敷商店街出口側にある『和』へ。メニューを見ると定食なども出している。厨房は奥にある。中年の店主ひとり。テーブル席と奥に座敷があったのかな?先客ゼロ後客2人。口頭で注文。

Wa01 らあーめん 和 『ごまらあーめん』 700円

普通のラーメンでは面白みに欠けると思われたので胡麻を注文。塩ラーメンに胡麻がいっぱいかかったやつかなと思っていたら、胡麻味噌ラーメンが登場。薄めの味噌スープにいっぱい白胡麻がかかっている。麺は中細ちぢれ麺。メンマの上に辛味がついている。もやしやキャベツ、ニラなどの野菜炒めにナルト、水菜、海苔、半玉が添えられる。チャーシューは比較的厚めのもの。あまり期待していなかった分、ちゃんとしたラーメンが出てきたので意外だった。まあまあ美味しかった。再訪はあるかも知れない。

蒲田の前を真っ直ぐ通り過ぎて路地に入る。雑色方面へ向かい雑色のちょっと手前の小さなラーメン店。しかし店に入った瞬間元々無かった期待値が更に低くなった。店内は近所の常連の溜まり場のようで賑わっていたが、チューハイ片手にさざえのつぼ焼き等を食べていたからだ。ラーメン屋からは大きく外れた飲み屋の雰囲気。店の隅の小さなテーブルに座り目立たないようにして、なるべく早く店を出ようと決心した。口頭で注文。

Cotan01 らーめん コタン 『正油ラーメン』 450円

ラーメンメニューは一応味噌・塩・正油・タンメンと取り揃えていた。もうこんな店に何も期待出来ないので正油を注文。予想通り「日清のラーメン屋さん」的ラーメンだった。ショッパイ。急いで麺と具だけ処理し、早々に店を出た。

蒲田に戻りスクーターを置いた後徒歩で駅西口へと向かう。全国展開している喜多方ラーメンチェーン店『坂内』のFC店『小法師(こぼし)』へ。白と黒の蔵の町喜多方をイメージした店構え。看板に『坂内』とあるので最初戸惑った。入店して初めて関係がわかった。我は喜多方ラーメンは苦手なので詳しくないし、西口でも最後に残った店になった。中には結構客が入っている。好きな人は好きなんだな。この辺はチェーン店激戦区で道路を挟んだ向かい側には『天下一品』『つけ麺大王』、少しいったところには『賽龍』もある中で健闘している。口頭で注文。

Koboshi01 会津喜多方ラーメン 小法師 西蒲田店

『喜多方ラーメン』 550円

喜多方ラーメンは苦手なので細かい違いなど判らない。このちぢれ麺の喉越しは嫌いだ。ただこのチャーシューは本当に美味しかった。

« 桜木地下 | トップページ | 中区四連 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金曜蒲田:

« 桜木地下 | トップページ | 中区四連 »