カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 糀谷連食 | トップページ | 虎跡岩見 »

2007年5月 2日 (水)

六郷彷徨

GW中日2日目で明日から4連休になり本来なら晴れ晴れとした気持ちになるはずなのだが、連休明けから出勤するのが苦痛でたまらなくなるような出来事が続き気が滅入る。何にしろ明日から休みは休みなので、雑色、六郷土手まで遠征する事にした。実際行ってみるとかなりの距離だった。とりあえず六郷土手まで行ってみたが目的の店が見つからず雑色へ戻った。駅前の商店街を歩いていると踏切の脇に『遠州』という屋号のラーメン屋を見つけたのでさっそく入店。カウンターのみの小さな店。隣のカラオケが五月蝿い。静岡の地図などが貼りだされているので本当に遠州掛川のご当地なのかな?厨房にはおじさん一人。先客一人後客ゼロ。口頭で注文。

Ensyuu01 らーめん遠州 『遠州らーめん』 650円

屋号を冠する筆頭メニューを注文。透明度の高い薄口醤油ラーメンだが、出汁に妙な酸味を感じるスープ。麺はかためで黄色い平打ち太麺。具は白髭ねぎ、メンマ、きざみネギ。黄身がゼリー状の味玉、脂身の多いチャーシュー。味玉やチャーシューなどはそこそこのレベルで努力は感じるものの、とにかく妙な酸味が気になった。一体何のダシを使っているのだろうか?

続いて第二京浜沿いにあったノーマークの店へ行く。看板にデカデカと猫がラーメンを食べている絵が描かれている店へ。ローマ字で『FUKUYA』とある。中はL字型のカウンターのラーメンショップ然とした内装。厨房に親父二人。前客1人後客3人。口頭で注文。

Fukuya02 ラーメン福屋 雑色店

『ラーメン(とんこく)』 500円

メニューにあっさりととんこくのスープが選べるのを見て、ここが矢口渡付近にあった福屋と同じグループだった事が判明し後悔した。同じグループチェーン店に何度も行く余裕はない。でも出て来たものは矢口店とは違っていた。矢口店では正油が強めだったが、こちらは豚骨強めのスープ。麺は中細ちぢれ麺。きざみネギ、メンマ、海苔1枚、バラ巻きチャーシュー1枚。コクのない標準的なショップ系の味わいのラーメンだった。

『福屋』で失敗したので、やっぱり六郷土手の店をあきらめきれず再び探索。何度も細い路地や一方通行の道を大回りしたりしたが、結局見つける事が出来なかった。それならという事で環八にケリをつけるべく戻り、とりあえず最後の1店『ラーメンショップどうむ』へ入店。明るいカウンターのみの店内で客の出入りが激しい。口頭で注文。

Doumu01 ラーメンショップどうむ

『どうむラーメン』 700円

本来のメニューに書いていない屋号を冠したメニューが壁に写真入りで紹介されていたので注文。元は普通のショップ系のとんこつ醤油スープなのだろうが、鰹油と鰹節がのっているで魚介和風ラーメンに様変わりしている。これはいいアイデア!簡単にそれなりの味になっている。麺は中太ちぢれ麺。具は豊富で薄く大きめのチャーシュー、メンマ、半分に切られた味玉、きくらげ、海苔3枚。ショップ系にしてはとても良いアイデアだと思う。

« 糀谷連食 | トップページ | 虎跡岩見 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 六郷彷徨:

« 糀谷連食 | トップページ | 虎跡岩見 »