カテゴリー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 甘辛韓麺 | トップページ | 昼二子玉 »

2007年4月 6日 (金)

夜二子玉

『鮎ラーメン』。焼かれた鮎がそのままのったラーメン。ガイド本で知った店。ラーメンの多彩さを知る事が目的の我は無視する事は出来ず、いずれは行こうと思っていた。問題はこの店は昼間は『高山ラーメン』のみで、目玉メニューたる『鮎ラーメン』は夜のみの提供になっている事だった。一番良いのは会社帰りに強引に寄る事。今までなかなか機会は無かったが、今日は仕事も落ち着いたので行く事にした。それに鮎といったら春だ。蒲田から多摩川線で多摩川へ出て、そこから東横線で自由が丘へ、さらに大井町線で二子玉川へ向かった。東急線尽くめだ。初めて降りた二子玉川という駅は、夜のせいかとてもオシャレカッコいい街といった感じ。待ち行く女性達は何故かブーツを鳴らして歩く人が多い。我にとっては場違いな街だ。高島屋の裏手の方に進んでいくと○の中に鮎の文字が書かれた紺色の暖簾を発見。カウンター席の小さな狭い店で会計は店の外で行うほど。お洒落な一杯飲み屋のようだ。ひとつだけ空席があったのでギリギリ並ばずに済んだ。とにかく照明が暗い。お洒落優先でアルコールランプの照明らしい。目の前で魚を焼いている。何ともいい雰囲気。口頭で注文。

Ayuramen01 鮎ラーメン 二子玉川店

『鮎○ゴトラーメン』 1000円+『味付卵プラス』100円(サービス)=1000円

店の人はやたら接客が上手で「卓上にあるアドレスに空メールを送って会員になっていただければ卵サービスいたしますよ」と言われたので早速空メールを送る。鮎はとりあえず置いておいて、純粋なラーメンの味を確かめる。絶妙な滋味のある透明な塩味スープにシャキシャキした白髭ネギの食感が見事に合う。麺はちぢれ細麺。三つ葉と海苔1枚がのる。味玉は黄身トロリ。問題の鮎は背中から切られて骨を取られた状態で焼かれたもので頭からガブリといける。でも我が舌が肥えてないせいだろうが、焼き魚の香ばしさのみ感じた。塩焼きじゃないんだな。ともかく美味しくて完食!大阪にも店を出しているらしい。

駅に戻るが途中で何件かラーメン屋を発見し誘惑に駆られる。その内の一店、創作ラーメンで名が知られる『夢乃屋』へ入店。鮎ラーメンとの創作つながりだ。店主は甲州ラーメンの創作を目指しているとの事。和をイメージした立派な内外装。かなりマスコミへの露出は多いようだが、広い店内に先客一人後客ゼロの寂しい入り。入口に券売機がありメニュー豊富で迷う。

Yumenoya01 麺処 夢乃屋 二子玉川店

『創作醤油「雅」』 950円

同じ創作の塩「匠」と迷ったが、先ほどの『鮎ラーメン』が塩だったのでこちらを注文。豪華な鰹節が山となっているインパクトのある一杯。スープは塩を思わせる半透明なものだったので一瞬注文間違ったかと思った。醤油をあまり感じさせないかなり魚介ダシが効いたスッキリしたスープ。それに硬めの中太ストレート麺が合いとても好みだ。食べた瞬間美味い!下手したら鮎ラーメンより美味いと思った。高級鰹節の下には薄く大きめのチャーシューとメンマと水菜。海苔1枚半分に割られた味玉付き。2軒目だというのに完食!値段的には確かに少々高いとは思うけどいい材料使っているのはわかる。満足。

今日一日でラーメンだけで1000円と950円の出費。交通費も合わせれば平日としては破格な一日だった。

« 甘辛韓麺 | トップページ | 昼二子玉 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜二子玉:

« 甘辛韓麺 | トップページ | 昼二子玉 »