カテゴリー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 葛西夢兎 | トップページ | 煮干味噌 »

2007年4月29日 (日)

煮干福盛

日曜日なので当初横浜市内の店に行こうと思っていたが、あまりに良い天候なので急遽都内へ遠征。自由が丘方面に狙いをつけて家を午後1時過ぎに出た。かの地に『せたが屋』がまた新店を出したと聞いたので行ってみたくなったから。今度は味噌の店だという。横浜で東横線に乗り換え電車の中で携帯サイトを見てみると、もうひとつ『せたが屋』系の店が環七沿いに昨年末オープンしたという。再び予定を変更して、そちらを先に行く事にした。昼の営業終了時間がそちらの方が30分早いからだ。そのまま渋谷に出てから田園都市線に乗り換え駒沢大学で下車。世田谷区と目黒区の境目の路地をひたすら歩く。するとちょうど目的の店『ふくもり』へ到着。『せたが屋』本店と環七を挟んではす向かいに当たる場所だった。黄色地に赤い文字の飾り気のない看板。店外に5名ほど待っていた。タイミングが悪い。食券機で券購入。5分程度で席に案内されたもののそこからラーメンが提供されるまで30分かかった。入口の扉に「当店のスープ煮干がかなり強いです」と貼り紙がされていた。中は白くて清潔感があるが意図的に田舎の大衆食堂がイメージされ座敷まである。配膳係はおばちゃん。ある意味忠実に再現されている。

Fukumori01 中華そば ふくもり

『中華そば』 680円+『漬け玉子』 110円=790円

動物系のこってりベースの醤油スープだけど、魚粉によって濃厚な煮干の風味。さすが『せたが屋』系列。角館ラーメンの『伊藤』を彷彿させる。でも麺がぜんぜん違う。ツルツルしたうどんのようなかなりコシが強い太麺。ものすごい弾力。北海道産の小麦粉を使っている薀蓄が壁に貼られてあった。具は極太メンマと微塵切りされたネギ、そこに挽肉と柚子皮が紛れている。レトロ感を出す為かナルトと海苔各1枚。チャーシューは柔らかくて食感が良いものが2枚。中まで味が染みたという謳い文句の漬け玉子は黄身トロリだったものの味はそんなに感じなかった。総合的にみて個性があり美味しい。でも昨日の『こうかいぼう』程ではなく完食には至らなかった。

« 葛西夢兎 | トップページ | 煮干味噌 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 煮干福盛:

« 葛西夢兎 | トップページ | 煮干味噌 »