カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 鶴見天下 | トップページ | 川崎仲義 »

2007年4月23日 (月)

大分宇佐

再び九州出張。今度は大分宇佐。大分空港からリムジンバスで宇佐へ移動したいのだが、出発まで1時間以上の待ち。仕方なく空港内の3Fにあるラーメン屋で腹ごなし。幟に「大分名物ネギラーメン」と書いてあるが本当なのか?先客二人後客二人。口頭で注文。

Misotei01 ラーメン味噌亭 『ネギ味噌ラーメン』 650円

予想通りごく一般的な味わいの味噌ラーメン。麺はちぢれ中細麺。辛く味付けされた細切りネギにもやし、コーンと巻きチャーシューが浮かぶ。意外に悪くない。味噌ラーメンはいじりすぎると難しくなるようだ。

さて仕事が終わり解放されたのが、だいたい夜9時前。宿の周囲を散歩してみたが、地方国道沿いの寂しい風景が続く。そこに「ラーメンと焼肉」と書かれたネオンが光っている。行ってみると全国展開しているチェーン店『山小屋』だった。贅沢は言っていられないのでさっそく入店。車客相手なので店舗が大きく、客はぱらぱら入っているようだ。テーブル席に座ったが確かに焼肉を焼く台が設置してあった。口頭で注文。

Chikuhouyamagoya01 九州筑豊ラーメン 山小屋 メルクス宇佐店

『山小屋特製昭和(むかし)ラーメン(バリカタ)』 720円

昭和と書いて「むかし」と読ませる筆頭メニューを注文。普通の九州ラーメンだったがどこら辺が昭和なのだろうか?青ネギの小分け切り、細切り木耳、メンマ、海苔1枚、半分に切られた味玉がつく等具は豊富。最初から摺り胡麻がかかっていてその臭いが目立った。九州に来たのだから豚骨ラーメンを食べないと。安心して眠る事が出来る。

« 鶴見天下 | トップページ | 川崎仲義 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大分宇佐:

« 鶴見天下 | トップページ | 川崎仲義 »