カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 新代田夜 | トップページ | 蒲田太閤 »

2007年3月21日 (水)

初富山黒

富山ブラック。以前から気になっていた新ご当地ラーメン。話題にはなるものの首都圏に進出してくる店は何故かなく、一時期は富山まで行ってしまおうかとさえ思った事もある、ところがセンター北のラーメン甲子園の店舗入れ替えがあり、念願の富山ラーメンの店が入ったというのだ。三度地下鉄に乗りセンター北へ。他の店舗には目もくれず真っ直ぐ『麺家いろは』に入店。店外に食券機。三味線の民謡がBGM。タイミングが悪く結構待たされた。

Toyamairoha01 富山らーめん 麺家 いろは ラーメン甲子園店

『「黒」らーめん』 680円

他に「白」、「薬膳」があったが、とりあえず富山ブラックを体験してみたかった。見た目どおり醤油のしょっぱさが際立つスープ。魚醤を使っている為酸味も感じる。麺は多加水の中細ちぢれ麺だろうが、スープが染み込み油そばのような色になっている。甘い味付けの小さめのチャーシューが2枚と海苔1枚にメンマが添えられる。念願の富山ブラックのはずなのに、どうも初めて食べた気がしない。不思議な既知味体験。その時は思い出せず釈然としなかったが、家に戻ってブログを読み返すとわかった。溝の口の盛岡ラーメン『松虎亭』にかなり似ていた。若干酸味を感じたくらいの違いしかない。

他にもラーメン甲子園には新店が入っていたが今回はスルーして屋外に出る。モザイクモールで本屋を冷やかし時間をとった後、その裏手にある『横濱家』に入る。横浜駅周辺に数店舗ある偽家系ラーメン店『横浜家』とはハマの文字が違う。こちらは『近藤家』の店主が立ち上げに関わって、その後にファミレス化した家系ラーメン店だ。家系コレクターとしては前から行ってみたかったが、車の客しか相手にしていないようで、駅から歩いていけないような所ばかりに店舗展開していたので行けなかった。でもここは例外的に比較的駅に近い立地。早速入店。さすがファミレス化しただけあって大きな店舗でコの字のカウンターが1.5ある。残りの0.5はテーブル席。メニューも折りたたみの冊子でファミレスっぽい。昼時だけあって繁盛している。口頭で注文。

Yokohhamaya02 究極の味 横濱家 センター北店

『ラーメン(麺かため・油多め)』 600円

大きめの底の浅い丼で登場。麺は黄色いちぢれ太麺。通常の状態で半玉のっている。海苔2枚。普通の家系だとほうれん草がのるところが、こちらは高菜。メンマまでのっている。雰囲気のせいか化調のせいかわからないが「あぁ味までファミレスっぽい。」と感じた。人工的な味。コストパフォーマンスはいいのかもしれない。

その後桜木町から関内まで歩いた。途中成田山別院でお参りした。

« 新代田夜 | トップページ | 蒲田太閤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初富山黒:

« 新代田夜 | トップページ | 蒲田太閤 »