カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 山本坦々 | トップページ | 平沼家系 »

2007年1月31日 (水)

野毛三幸

当初『味源』という札幌ラーメンチェーンの店に行く為に桜木町で途中下車した。ところが残念ながらシャッターが閉まっていた。閉店したのかな?野毛近辺は近所にも関わらずあまり縁がないところ。休日にゆっくりこの辺を回ってみたい。気持ちを入れ替えて、この辺でタンメンで有名な昭和38年創業の老舗『三幸苑』に足を向かわせた。窓越しに満席状態である事が伺える。すると片言日本語のおばちゃんがドアを開いて「どうぞー」と手招き。この辺は『三陽』と同じフォーマットだ。案内されるがままに奥に向かうと厨房に突き当たる。「えっ?!」と思ったら厨房脇の狭い場所にカウンター席があった。早速口頭で注文。

Sankouen01 三幸苑 『たんめん』 740円

普通のラーメンもあったけど、ここは看板メニューのたんめん注文。値段がやや高いのが気になり、サイドメニューの注文を断念した。でもそれで正解。結構大きめの丼で登場。にんにくの匂いがぷんとする。もやし、白菜、韮などの野菜がかなり柔らかく茹でられ、シャキシャキ感は皆無でトロトロと言った方が近い。でもそれがかえって家庭料理的な安心感と味わいが出ていた。麺は中太平打ち麺で、こちらもかなり柔らかめ。老舗のお約束だ。スープはかなり油分が多く、胡椒なども多い気がする。かなりライトにした二郎的味わい。値段的には微妙だが、体は温まり量的にも満足出来た。

« 山本坦々 | トップページ | 平沼家系 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/13733347

この記事へのトラックバック一覧です: 野毛三幸:

« 山本坦々 | トップページ | 平沼家系 »