カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 松浦出張 | トップページ | 新田終了 »

2006年12月24日 (日)

樹濱壱家

出張疲れがまだ全然尾を引いている状態だが、保土ヶ谷までスクーターを走らせた。今日目指す店は、今年6月に開店したばかりの新店ながらメディア露出が多い『めん処 樹(たつのき)』。場所は『当地家系』の時に下見で確認済み。大きなサティの横にあり、比較的立地は良さそう。黒い木造りの渋めの内外装。昼時だけあって子連れもいて席はほぼ満席で、幸運な事に1席だけ空いていて座れた。ウォーターサーバーで水を注いで席に着いた。醤油も味噌もあったが、お品書き筆頭の塩を口頭で注文。

Tatsunoki01 めん処 樹 『特製塩らあめん』 900円

出てきた一杯を見てどこかで見た気がするなぁと思ったら、石神本の表紙と同じだった。期待が高まる。特製とは味玉とチャーシューが追加される。久々に上品な一杯を食べた気がする。鶏油の甘みの中に魚介ダシが効いたスープ。麺は白っぽいちぢれの強い不揃いのもちもちした自家製中麺。具はメンマと海苔、ほうれん草と白髭ネギに、揚げネギが薬味的に添えられる。味玉は黄身がゼリー状。そしてチャーシューは脂身が多く甘くて美味しかった。それが4枚入っていた。際立った個性はそれほど無かったけど、バランスよくまとまっている感じ。久々にスープ飲み干し完食!醤油も味噌も食べてみたい。

その後向かいのサティで食料品を買い、八王子街道に戻り若干和田町寄りに進む。出張中恋しかった家系ラーメンの『濱壱家』。面白いのは看板には自分の店名よりはるかに大きい字で「千家 姉妹店」と書いてある。店内に入ると当然昼どきだけあって満席。でもいいタイミングで先客が出た為座れた。千家といえば豆板醤が絡んだネギラーメンがウリだが、元の味を味わいたかったので普通のラーメンの食券を購入。

Hamaichiya01 とんこつラーメン 濱壱家

『ラーメン(麺かため・油多め)』 600円

やっぱり家系はホッとする美味しさ。何故か麺を少し足してくれた。白胡麻がちょっとかかっているのが特徴。それと標準で黄身がゼリー状の半玉がつく。味濃いめで頼んでなかったのに多少味が濃いめだった。でも六角家よりも豚骨寄りのスープ。あまり期待せず入った店だったが、かなりの満足度。2杯目だったのでスープを飲み干せなかったが、ほぼ完食と言っていいだろう。

« 松浦出張 | トップページ | 新田終了 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 樹濱壱家:

« 松浦出張 | トップページ | 新田終了 »