カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 大雨大森 | トップページ | 池上彩華 »

2006年12月27日 (水)

環八前了

今日は昨日から一転して晴れて、この時期には通常考えられないほど暖かい日。これもエルニーニョの影響だろう。再び環八へ向かい矢口渡方面へ。新蒲田付近の『ラーメン専科とらの子』へ。店構えはラーメンショップそのもの。中に入ると再び場末の中華料理屋。メニューを見ても、ラーメン専科とは名ばかりの中華料理屋だった。

Toranoko01 ラーメン専科とらの子 2号店

『ラーメン(味噌)』 525円

ラーメンは「味噌・醤油・塩・とんこつ」から選べると書いてあった。どれでも良かったが普通は醤油から書き始めるのが普通なのでは?という事で筆頭の味噌がオススメなのだろうと勝手に解釈し注文。見た目もチープだけど味は値段相当だった。辛味噌味だ。しかもショッパイ。具はもやしとメンマ、ワカメに海苔にきざみネギ、それにナルト。麺は普通の中細ちぢれ麺。安さが取り得か。

店を出て更に環八を遡る。ちょうど矢口渡駅前で環八横断。脇道に入り商店街の中ほどにある『華栄』へ。携帯ラーメンサイトで知った店だが、真新しい中華料理屋だ。ドアを開けると女の店員が「今ちょうど満員なんです。すみません。」と入店を断られた。予想外だった。「こんな店をいつまでも宿題店にしたくないなぁ、嫌だなぁ、でもしょうがないから帰るか。」そう思いヘルメットをかぶろうとした時に先客2人が出てきた。何だよ、そんなにすぐ出てきそうなら、「もう少しお待ち下さい」でもよいだろうよ!とりあえずラッキーなのですぐ入れ替わりで入店。白い綺麗な内装。メニューを見ても完全な中華料理屋だ。屋号を冠した『華栄麺』を注文すると、「30分ほど時間がかかりますがよろしいですか?」と言ってきた。思わず「30分?!」とでかい声で聞き返した。慌てた女店員は厨房に聞きに行き、「五目うま煮麺やタンメンならすぐに出来るのですが…何せ一人で作ってるものですから…。」…じゃあ何で厨房に二人で作業してるの?そう思いつつしょうがないから『五目うま煮麺』で注文。

Kaei01 中華 華栄 『五目うま煮麺』 780円

しばらくすると老婆が入店してきた。すると例の女店員が「相席よろしいですか?」と聞いて来た。いいけどさ、じゃあ何で我が最初に入って来た時はそういう対応してくれなかったんだよ!それが腹たった。明らかに一人客を邪険に扱っているのだ。ようやく出てきたラーメンも怒りであまり印象がない。多加水中細ちぢれ麺の甘い醤油スープにあんかけがかかったサンマー麺の具だくさんタイプだ。結局その後客は来ず、厨房も洗い物をしていた。何が30分かかるだ!もう怒りのオーラを隠さなかった。二度と来るものか!

最後で物言いがついたが、これで環八沿線ラーメン屋巡りの前編、第一部は終了!

« 大雨大森 | トップページ | 池上彩華 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 環八前了:

« 大雨大森 | トップページ | 池上彩華 »