カテゴリー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 竈@空海 | トップページ | 西区豚骨 »

2006年12月 9日 (土)

青森背脂

待ちに待ったディナーショーの為神楽坂へ移動。ようやく会場を見つける。ホテルのコンサートルームだ。何しろ初ディナーショーなので勝手がわからない。ショーの前に何たらのカルパッチョやらパイ包みとかのフランス料理が出て来たがひたすら食べた気がしない料理の数々だった。しかしショーの方は鼓膜が一気に清められるような美声にとろけそうになった。ツーショット写真と握手まであって、帰り道は至福状態の出来上がり。

気持ち良い状態で五反田の気になるラーメン店で締めようかと思ったが、閉店時間が迫りギリギリの状況。そして電車が着いたがトラブルで時間調整をするとかいうのでアウトが決定。即第二候補の店を目指し反対方向の電車に乗り水道橋で下車。『安牌休日』の回で同駅に降りた際に知った事なのだが、ラーメン屋巡りをする以前、家系以外に例外的に最も入った水道橋の『幸楽苑』が別のラーメン店へ改装中だったのを覚えていた。ご当地ラーメンマニアな我が気になる屋号『青森豚そば屋けっぱれ』。青森の行列店『らーめん大地』の東京進出店との事。やはりこの時期この時間はラーメン屋は客入りがいいようだ。内装は堤燈があったりとか郷土色豊か。コートと荷物を抱えていたら店員が籠を持ってきてくれた。メニューと一緒にうんちくが書かれた小冊子があった。

Keppare01 青森豚そば屋 けっぱれ

『豚そば コク醤油』 680円+『半熟煮たまご』 100円=780円

玉子おじやを彷彿させるような色の一杯。黄色っぽいスープに大量の背油のミンチが浮く。具はメンマと薬味ネギ、バラチャーシュー2枚。味玉は黄身トロリの上質なもの。麺は黄色い中細ちぢれ麺で、かための茹で加減。食べた感想はまろやか。ひたすらまろやか。しょっぱさはまったく感じない。人に勧める程のレベルではないが、何故かこの時期に食べるとホッとする味。でもどこが青森だったのだろうか?魚介風味はほとんど感じなかった。帰りの電車の中では、iPodで彼女の曲を延々と聴きながら感動の余韻に浸った。

« 竈@空海 | トップページ | 西区豚骨 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青森背脂:

« 竈@空海 | トップページ | 西区豚骨 »