カテゴリー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 二代敬介 | トップページ | 当地家系 »

2006年11月 4日 (土)

立川敬介

本来二代目で一旦打ち止めする予定だったのだが、自分の性格上、初代と二代目食べればおのずと三代目が気になるに決まっている。ここは高田馬場だし、帰り道のコースをちょっと変えたと思えば済む事だと自らを説得。立川へ向かう事にした。昨日が首都圏縦断だとしたら、今日は首都圏横断だ。新宿に出て、中央線中央特快に乗る。それにしても立川の変貌も凄い。ここ数年で見違えるような大都市に変貌した。『三代目けいすけ』は立川アレアレアというショッピングモール内にある『ラーメンスクェア』というラーメン集合体の中にあるのだ。グルメ砂漠と言われた立川にラーメン集合体だ。中に入るとラーメンのイメージとはかけ離れたアメリカの街の雰囲気。奇をてらい過ぎの気がするが。他の店舗を見ると、何と河相我聞が店主になっている『我聞』などという店もあり唖然とした。気を取り直して『三代目けいすけ』に入り、食券を買い席に着く。こちらは先月ここに入ったばかりだという。

Keisuke301三代目けいすけ 『紅香油らーめん』 750円

こちらも奇妙な盛り付けと器だ。丼に箸が貫通させる穴があり、割り箸にはバシルの葉が挟まれている。ラーメンは二代目より更にに奇抜な、洋風な一杯。スープは酸味のあるトマト味に香油を効かせたもの。それでいてあっさりしてるけどコクがある。ギリギリのところでラーメンに仕上げている。麺はモチモチした中太平打ち麺。蒸した鶏肉叉焼がこのスープでは合う。他はわけぎ、白ネギ等風変わりな薬味がいくつか入り、最後に過去のけいすけ同様糸唐辛子がのせれれている。奇をてらい過ぎた一杯で習慣性は無いけど、味はそこそこいい感じ。3杯目にも関わらずスープ飲み干し完食。

見た目を重視して奇抜な味に挑む『けいすけ』のラーメン。キワモノラーメンとしてラーメン好きからは賛否両論あり、我も正直初代の黒味噌以外は一杯食べればもういいやという感じではあるけど、味はどれもそれなりに考えられ一定のレベルはクリアされていたと思う。このペースでいけばすぐ4代目、5代目が現れそうだな。帰りは南武線の中で終点川崎まで爆睡、京浜東北線に乗り換え帰宅の途に。

« 二代敬介 | トップページ | 当地家系 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/12652623

この記事へのトラックバック一覧です: 立川敬介:

« 二代敬介 | トップページ | 当地家系 »