カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 両国味噌 | トップページ | 土曜蒲田 »

2006年11月17日 (金)

麺出黒麺

今日は初めての試み、会社帰りにスクーターで蒲田外の小遠征に出かけた。馴染みの無い環状八号沿いを田園調布方面へ飛ばす。当たり前だが日は落ちて暗いけれど、逆にラーメン屋等の飲食店の看板は煌々と目立つ。特に武蔵新田近辺はラーメン街道となっていて、新たな目標を見つけてしまった。今回の目的店は更にその先、田園調布雪谷大塚近辺にある『麺でる』。この店は自家製麺にこだわりを持ち、奇抜な麺を出す事で有名。しかも営業時間が異常に短くすぐ閉店していまうという。今回はやっていてホッとした。小さなカウンターのみの店で入り口に券売機。しかし今時旧札でしか使えない。初回時は大盛等は注文出来ない等一見さんお断り的敷居の高さを感じる。店主に旧札と交換してもらい、戸惑いつつも筆頭にある『チャーシュー麺』の券を買う。家系的なプラ板食券。結構席は埋まっていて一番端の製麺機が横に見える暗がりの席。写真がうまく撮れるか不安で何度も席を変わろうかと思ったくらい。

Menderu01麺でる 『チャーシュー麺』 800円

見たまんま、背脂のかかった豚骨醤油スープ、極太麺に茹でた野菜がのる、完全な二郎スタイルのラーメン。だが先述した通り、ここの店は奇抜な麺がウリ。通常の麺から、2~7本の複数の麺が連結した奇妙な麺が日替わりで提供されるという。今日は何連結なのだろうかとドキドキしながら待っていたら、何と連麺ではなく真っ黒い極太麺!あまりの予想外な麺に麺喰らった。きくらげかと思ったら麺だったからだ。きっとイカスミでも練りこんであるのだろう。麺単体では味は特にしなかった。それにしても予想外に量が多い。確かに知らずに大盛にしたら危ないところだった。遠出したので連食を考えていたが、あっさりと断念。早々と蒲田へ戻った。

« 両国味噌 | トップページ | 土曜蒲田 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 麺出黒麺:

« 両国味噌 | トップページ | 土曜蒲田 »