カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 茹菜豚骨 | トップページ | 日本一店 »

2006年11月29日 (水)

博多達麺

年末調整を書かなくてはならないので、なるべく早めに帰ろうと、蒲田周辺の店へ行く事にした。京急蒲田商店街の外れにある『博多だる麺』。情報が極端に少ない為、朝下見をしてから帰りに寄った。ところがこの店はラーメン屋ではなくちゃんぽん屋のようだ。この屋号では普通博多ラーメン屋だと思うだろう。前後客ゼロ。バレーボールを放送しているTVの音だけがするいなたい雰囲気。たった一人の店主は挨拶もなく、しばらくしてからようやく注文を聞きに来た。

Darumen01Darumen02博多だる麺

『だる麺』 600円+『半五目炒飯』200円=800円

とりあえず屋号にもなっている『だる麺』にセットメニューがあったので注文。

底の浅い丼で到着。これは皿うどんとちゃんぽんの中間のようなものだ。麺はちぢれ太麺で茹でられた後炒められ軽く焦げ後がついていた。とろりあんかけに大きめな剥き海老まで入っている。我はあまりあんかけというものを好まないのだが、これは美味しかった。炒飯も小さいながら丁寧に作られていて美味しかった。これにコーヒーゼリーと牛乳羹と何か黄色いものが入ったデザートがついて800円はコストパフォーマンス高し。ラーメン屋では無かったので肩透かしを喰らった感は否めないが、お腹は満足した。

« 茹菜豚骨 | トップページ | 日本一店 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 博多達麺:

« 茹菜豚骨 | トップページ | 日本一店 »