カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 大勝跡髭 | トップページ | 八字対立 »

2006年10月20日 (金)

保土谷虎

ようやく辿り着いた週末。今夜は最初に店を見つけてから半年間、3回ほどフラれ続け今日まできた宿題店に決着を着けるべく、横浜から横須賀線に乗り換え1駅、保土ヶ谷へ。あまりにもレトロな雰囲気の駅前商店街を抜け歩くこと5分強。『麺匠 虎』の開店している状態を見てちょっと感激。保土ヶ谷という場所と、夜間営業のみという事が障害となっていた。入店すると意外とちゃんとしたラーメン屋で名前負けしていない。食券購入後席へ座った。

Mensyoutora01麺匠 虎 『特製醤油らーめん』 700円

出されたラーメンも本格的面構えの一杯。魚介ダシが香る『青葉』系スープではあるが、比較的澄んだ色をしている。あっさりした口当たりだけどコクがあり、味はちゃんと感じる。麺はやや固めの白いちぢれ中麺。叉焼は脂身の多い薄いものが2枚。黄身しっとり味玉。味濃いめの幅広メンマ。きざみネギとのり3枚。横浜では珍しい魚介味ラーメンだし好印象。他の客は塩ばかり頼んでいたのが気になった。次回機会があれば塩にチャレンジ。

駅から『虎』へ向かう途中に見慣れない店を発見。白くて小さな店構え。屋号が『中華堂』。普通の中華料理屋かと思ったが、看板に支那そばとあり、店外に貼ってあるメニューを見ると、炒飯とかもやっているようだが、タンメン、ワンタン麺、サンマー麺と麺類が中心の構成だった。営業時間は『虎』同様、夜営業のみらしい。ならばという事で連食へ!中へ入ると横に細長い店内。吉野家的な極端なコの字型で、向かいの客と距離が近い。

Tyuukado01保土ヶ谷 中華堂 『支那そば』 530円

確かに支那そばらしいあっさり和風味なのだが、醤油味を極力抑えたような塩気を全く感じない淡い味わい。焼きアゴ等の魚を中心にダシを取っているからだろうか?かための中細ストレート麺は小麦粉の味が強くのど越しがいい。叉焼は結構肉厚で甘めの味。メンマ、ほうれん草が添えられ、中央にナルト。きざみネギがかかる。料金も良心的だしなかなかレベルが高い味わいで、意外な拾い物をした得した気持ちになれた。

今週は歯医者通院を終えた影響か、宿題店を多くクリア出来て清々しい気分だ。

« 大勝跡髭 | トップページ | 八字対立 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 保土谷虎:

« 大勝跡髭 | トップページ | 八字対立 »