カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 金曜味噌 | トップページ | 埼玉遠征 »

2006年9月 8日 (金)

新宿夜麺

『HOLIDAY』に行った後別の用事で新宿へ移動。本当は疲れていたのですぐ横浜に戻りたかった。でも前から心に引っかかっていた鹿児島ラーメンの店がこの新宿にあったのを思い出してしまった。ただこの店は飲み屋帰りの客狙いの為、開店時間が午後6時と遅いので、なかなか手が出なかったのだ。せっかくの有給休暇、とことんラーメン漬けにしてしまえ!と、マンガ喫茶に入って足を伸ばしたりして時間を潰した。そして10分前くらいにチェックアウトして夜の新宿2丁目へ。もうホストクラブとかがギンギラで居心地の悪い環境のど真ん中にその店はあった。6時になってもなかなか店が開かない。10分くらいで堤燈に灯りが点り、口開け客として入店。店主はいかついヒゲ親父。店内は寿司屋っぽい清潔な感じ。

Zabon01ザボン 新宿本店 『ラーメン』 800円

基本のラーメンが800円。昔の我ならその時点で×を出していただろう。…いや、食べた事あったんだ、10年前くらい高円寺で。あまり良い印象が無かったが今回はどうだろう。鹿児島ラーメンというのは、博多ラーメンに影響されず、むしろ台湾の麺料理に影響を色濃く受けたとの話だ。壁には「豚骨、豚足、鶏ガラ、背脂等を素材の形が崩れるまで煮込んだ濃厚スープ」とあるが、まるで逆で塩ラーメンを思わせるあっさり豚骨醤油白湯スープ。麺は極細麺ストレートだが、ツルツルして博多のような粉っぽさはない。極端に言えば春雨のよう。具は茹でキャベツの千切りともやしが入っていて、更に叉焼というより小さいベーコンみたいなのが入るので、野菜炒めを食べているような感覚になる。それにきざみネギに揚げネギがパラパラ。そして細切メンマ。飲んだ後には胃にやさしそうな、どこまでもあっさりしたラーメン。逆に言えば単体として食べたら満足出来ない一杯。しかしこれで800円というのは判断力が鈍った酔っ払い狙いとしか思えない。

とにかく今日は良く歩きよく食べ、欲張りすぎた一日だった。

« 金曜味噌 | トップページ | 埼玉遠征 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新宿夜麺:

« 金曜味噌 | トップページ | 埼玉遠征 »