カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 故障買換 | トップページ | 漫才拉麺 »

2006年8月21日 (月)

親知初抜

歯医者通いもいよいよ大詰め!というよりようやく本番の幕が上がったというべきか。とうとう親知らずを抜く事となった。今は何ともないからエスケープしちゃおうと何度思ったか。それでも放置して後で悪化して顎の骨が腐り始めたらたまらないので、意を決して診察席に座った。4本全て抜く事は通院開始時に言われてた。まず今日は左上のヤツを抜く事になった。レントゲン写真を見ると、確かにその部分だけ他の歯より下に伸びている。放置しておけば、下には噛み合わせるべき歯は無いのだから肉を噛み炎症を起こしてしまいかねない。運良く真っ直ぐに生えているので抜くのは容易なようだ。下の両歯は何と真横に向かって生えていたのを今回初めて知りショックだった。

抜歯治療は普段の虫歯治療に比べ、結構あっけなく終わった。麻酔をするのはいつもと一緒。麻酔が効くまで歯垢除去。麻酔が効き始めると痛みも何もない。引き抜く時はメキメキ音がするので、さすがにビビッたけど。開始から終了まで1時間弱。抜いた歯は記念にネズミのケースに入れて貰えた。麻酔の為か全然痛みを感じないのが逆に怖い。奥歯の辺りに違和感だけを感じる。そして注意事項の説明があった。とにかくしばらくは安静にしろと。風呂や激しい運動などで血行がよくなるような事は控えなさいと。この熱帯夜で風呂入らないわけにいかないので入ったけど。とりあえず明後日経過を見てもらう為予約を入れた。今日はまだ1本目。あと3本も残っている。しかも下の歯は真横に生えているから大変そうだ。憂鬱になる。

« 故障買換 | トップページ | 漫才拉麺 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 親知初抜:

« 故障買換 | トップページ | 漫才拉麺 »