カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 杢杢杢珍 | トップページ | 蒲田家系 »

2006年7月27日 (木)

金木犀避

『金木犀』はキンモクセイと読む。この店は昨年末通勤途中に現れた。清潔感があり木の温かみを感じるそそる外観だったので入ってみた。まだラーメン屋巡りをする以前の話。基本は家系に近い豚骨醤油だが、物凄く薄い。しかも腰のない柔らかい細麺。全然ラーメン食べた気がしなくてもう一店食べ直した記憶がある。何故そんな店の暖簾を再びくぐる事にしたのか?『大勝』閉店ショックが響いている。ブログに載せる前に閉店してしまう可能性はかなり高いからだ。毎晩前を通り過ぎるが常に閑古鳥状態。案の定今夜も前客後客ゼロで店主とサシだった。

Kinmokusei01らーめん金木犀

『らーめん(麺かため)』600円+『味玉』100円=700円

あれー?何か印象が違うなー。あれからラーメン屋巡りで好みに幅が出て家系オンリーの呪縛から逃れたのは確かだ。でもだからってこのラーメンを薄い家系と感じたのか?過去の我は?もう豚骨醤油という感じがしない。むしろ塩ラーメン?っていう印象。それでも油分はキツめ。あれだけ閑古鳥状態だとやはり改善に努めたか?麺は記憶より太かった。中細。具は小松菜と海苔とチャーシュー。味玉は黄身がシットリとして良かった。サッパリだけど油っこいラーメン。この一杯で満足出来ないだろうな。味が薄すぎる。飲んだ後の一杯といった位置づけか。しかしこの店国道沿い…。今後も厳しい戦いを強いられるだろう。とりあえず我の目的は遂げる事が出来た。

« 杢杢杢珍 | トップページ | 蒲田家系 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金木犀避:

« 杢杢杢珍 | トップページ | 蒲田家系 »