カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 町田雷文 | トップページ | 中華街中 »

2006年7月30日 (日)

尾道一筋

何か有名店ばかり行ってるなーと自分でも最近矛盾を感じている。我は別に美味しい店を見つける為にラーメン屋巡りをしているわけではない。ラーメンの多様性を体感したいからしているのだ。だから本当はそろそろご当地ラーメンを攻略していきたいと思っている。そこで桜木町でそのまま改札を出てしばらく歩いたところにあるこの店の暖簾をくぐった。『尾道ラーメン 麺一筋』。蒲田や水道橋でも見かけたのでFC店のようだが。尾道…大林映画『さびしんぼう』の舞台だったくらいしか思いつかない。とりあえず食券を買って座る。店内にはやたら元ボクサーの畑山隆則の広告があり名刺にもイラストがある。

Menhitosuji01尾道ラーメン 麺一筋桜木町店

『魂のラーメン(太麺)』 700円

細麺or太麺を聞かれたので当然太麺を。特徴的なのは、まるで天カスかと思ったくらいの豚の背脂のミンチが浮いている事。スープは濃口醤油味で魚の風味が効いている。麺は平打ちちぢれ中太麺でにがりが入っているとか。叉焼も脂身の多いトロ肉で薄いけど味しっかりで柔らかい。玉子も半熟具合がいい。ただメンマは麺と間違えたほどの細く白っぽい貧相なもの。それに万能ネギがかかる。全体的に油っぽい印象。基本の味が通常の醤油ラーメンと大差ないので個性としては薄いかもしれないけど、味の方はFC店のわりには良いと思った。これで700円はコストパフォーマンス高し。

« 町田雷文 | トップページ | 中華街中 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/12653503

この記事へのトラックバック一覧です: 尾道一筋:

« 町田雷文 | トップページ | 中華街中 »