カテゴリー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 信楽茶屋 | トップページ | 中野大勝 »

2006年7月 1日 (土)

東京源流

『東京ラーメン』といっても一言で括れるワケがない。全国各地方から人が集まる、つまり各地のご当地ラーメンものり込んで凌ぎを削っている事実上世界最大のラーメン激戦区だからだ。無数の種類のラーメンが存在し、お互いが影響され複雑に交じり合っている。流行り廃りも激しい。キリが無いので東京という土地に長い間親しまれている系統をザックリと3つに大別してみる。

①『東京醤油系』:煮干やカツオ節等が香るあっさり醤油。鶏ガラや豚骨で出しを取った透明度のあるスープ。細めちぢれ麺。具はチャーシュー、メンマ、きざみ白ネギ等。場合により海苔やナルトがのる。昔ながらのオーソドックスな支那そば。『荻窪ラーメン』他。ここから枝分かれして『大勝軒系』が派生する。

②『東京背脂系』:『ホープ軒』を祖にした、いわゆる背脂チャッチャの東京豚骨醤油系統。豚骨や鶏ガラ、野菜をガンガンに煮出した濁ったスープに醤油味。平ザル等で豚の背脂を振り掛ける。人気の『ラーメン二郎』やチェーン展開の『ラーメン香月』等がこれに当たる。

③『東京魚介系』:中野『青葉』を祖にした、これまでの豚骨や鶏ガラのスープに魚介から取ったスープを合わせるトロミのあるダブルスープ方式で有名。『和風ラーメン』と単純に言われる場合もある。手間がかかるし原価率が上がるので高額設定の場合が多い。『青葉』、『せたが屋』、『麺屋武蔵』などニューウェーブと言われる最近生じた系統だが、現時点では主流になっていると言っていいと思う。

この東京ラーメンの源流を求め川を遡るかのごとく一路吉祥寺へ。吉祥寺は我にとって馴染み深い街だったのだが、奇遇な事にラーメン巡りにおいても結構重要な街だとは気付かなかった。

あの有名な荻窪の行列店『春木屋』が吉祥寺に支店を出していたのだ。『春木屋』だけに開店に間に合うよう早めに行ったのだが、行列も出来ておらず結果的に一番乗り口開け客となってしまった。さすがにその後続々と来客はあったが行列が出来る程ではなかった。あの一世を風靡した『春木屋』なのに…。今年5月にリニューアルしたとの事でキレイな店内。この日はたまたま荻窪本店の店長が珍しく来ていて馴染み客と会話をしていた。

Harukiya01荻窪中華そば 春木屋 吉祥寺店

『中華そば』 750円

ラーメンの教科書があったら例として挙げられるような、文句のつけようが無いオーソドックスな正調醤油ラーメン。スープは意外に油が多く上に膜が出来ている。永福町系大勝軒を思い出す。かつおの風味が味わい深い。味濃いめのメンマやネギがよく合う。麺は手打ち風中太ちぢれ麺でコシが弱い。チャーシューは薄い味付けの白い煮豚が1枚。でもこの値段は何なのか?ちなみに『チャーシューメン』で1250円、『チャーシューワンタンメン』が1650円だよ!味よりも値段設定に驚かされた。

次の標的は東京背脂系の元祖『ホープ軒本舗』。独特の黄色地に赤い文字の吉祥寺の老舗。昼どきだけあって多少行列。

Hope02ホープ軒本舗『中華そば』550円

中途半端な値段設定は50円で玉子がつく事を計算に入れた商売戦略と思われる。でもこちらは連食なので玉子は我慢する。背脂を乳化させた豚骨スープに醤油ダレ。背脂が浮かぶのでしつこそうな外観だが野菜が溶け込んでいるので口あたりはまろやか。むしろ甘く感じた。にんにくの風味にもやしが載るのは『二郎』の源流と見れば面白い。チャーシューはロース煮豚。それと海苔。麺は中細ちぢれ玉子麺。柔らか過ぎ。『春木屋』の時もそうだが麺かために頼めば良かった。そういう選択が出来るかわからなかったから。そのせいで印象が悪くなってしまった。後悔。前食べた時はもっと背脂がのって印象的な個性派ラーメンだったような気がしたのだが…。

« 信楽茶屋 | トップページ | 中野大勝 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/10749906

この記事へのトラックバック一覧です: 東京源流:

« 信楽茶屋 | トップページ | 中野大勝 »