カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 中延彷徨 | トップページ | 白河無惨 »

2006年7月15日 (土)

添物塩麺

連休初日というのに歯医者の予約を入れていたので朝9時過ぎに家を出て蒲田へ。でも当然この機会を有効に活用すべく事前に計画を立てていた。治療が終わり、昨夜同様池上線に乗り一駅目の蓮沼で下車。その改札からすぐのところにある小さな店『インディアン』。カレーとラーメンという普通に考えればダメな店の取り合わせだが、ここは実績が違うという。何故今日この店を選んだかと言えば夕方6時過ぎには閉店してしまうので会社帰りでは寄れないからだ。到着時まだ暖簾は出ていなかったが看板は出ていたので強引に突入し口開け客となった。その後続々客がきて小さい店内はすぐ埋まった。店内には有料駐車券を見せれば100円キャッシュバックのサービスの告知。これっておかしくないか?電車乗り継いでわざわざやってきた客をどう考えているのか?理不尽な差別をするな!

Indean01Indean02武田流古式カレーライス支那そば インディアン

『支那そばと半カレーセット』 1050円

この後の事を考え半カレーに。まず先に支那そば到着。透んだ綺麗なスープの中に中細プリプリのちぢれ玉子麺が浮かぶ。具はネギ、ほうれん草、メンマ、ゆで玉子の切り身、叉焼というよりハムが1枚。見たまま上品な味がする塩ラーメンなのだが、味が薄い!メンマの味が際立つほどだ。それもそのはず、カレーに合う添え物スープが本来で、そこに麺を入れた後付けラーメンだったのだ。後から半カレー到着。う、美味ぇ!ラーメン行脚が続いて久々カレーを口にした為かとても美味しく感じた。でも前に食べたことにある味だと心に引っかかり、帰りの電車の中で昔カレー屋巡りをしていた記憶を辿ってみると、神保町の洋食屋『南海』に近い味だった事を思い出した。

« 中延彷徨 | トップページ | 白河無惨 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 添物塩麺:

« 中延彷徨 | トップページ | 白河無惨 »