カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 白河無惨 | トップページ | 八王子懐 »

2006年7月15日 (土)

新橋坂内

秋葉原へ移動し買い物をした後、突然の雷雨で山手線もストップ!異常な天候だ。体調の方はあれから異常は全くない。やはりあのスープのせいだと確信に至る。もうこうなったら毒食らえば皿まで!新橋に移動し、今度は喜多方ラーメンにトライ!良く見かけるチェーン店なのだが、ここは最初に喜多方『板内食堂』の暖簾分けで出店した場所とのこと。新橋のガード下にはめ込こまれたようにある蔵をイメージした外観。中には喜多方観光案内の本などが置かれて雰囲気は出している。冷たいウーロン茶が出てこの時期助かった。

Bannai01喜多方ラーメン板内 内幸町店

『喜多方ラーメン』 550円

中央にきざみネギとメンマ、シコシコの加水率の高い平打麺。そして脂身の多い叉焼5枚。麺と叉焼はまぁ美味しいのだが、スープが同じ。醤油を薄めたような味。こちらも可能な限りスープは飲まないようにして食べ進めた。

今日は結局『喜多方』と『白河』の明確な違いは判明する事は出来なかった。叉焼とスープの色に若干違いがあったが、こんなのは個々の店によるバラツキと言っていいくらい。ラーメンのバリエーションとしては『福島系』として一括りしてもいいのでは?と思う。それとは別に自分自身気づかなかった自分の事を知る事が出来た。まず昨夜の『多賀野』のような魚介ダシの薄口醤油なら大好きなのにもかかわらず、今回のようなゲンコツや鶏ガラの動物系ダシの、昔ながらの薄口醤油味は体が受け付けない程嫌いだという事。そして何故昔自分が家系に転んだのも判明した気がした。この喜多方系の店がチェーン展開し始めた頃と一致するし、そこから逃れる為だったのかも知れない。舌で嫌いというより体が拒否を起こすとは、我ながらなんて繊細なのだろう(笑)。何も吐き気まで催す事もないじゃないかと自分にツッコミを入れたい。

« 白河無惨 | トップページ | 八王子懐 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新橋坂内:

« 白河無惨 | トップページ | 八王子懐 »