カテゴリー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 浸麺拒否 | トップページ | 再来不感 »

2006年6月21日 (水)

大勝対比

今日行ったのは日の出町ウィンズの向かいに昨年出来た『大勝軒』。昨日の横浜西口店とは異なりこちらは『永福町系』だそうだ。『東池袋系』と『永福町系』はたまたま同一の屋号なだけで一切何も関係が無いとの事。この二つの『大勝軒』を食べ比べてみようという試みで昨日に続いてあえて2連食。

平日夜8時過ぎに入店したが客は一人のみ。行列が出来ている横浜西口店と最初から様子が違う。メニューを見るとこちらも『つけ麺』をやっているようだが、当然のことながら我は黙殺し通常のラーメンの食券を買う。

Taisyoukensk01大勝軒 桜木町店

『味玉中華麺(麺かため)』 800円

実際出てきたラーメンを見て、『無関係』といいながら両者が非常に似ていると感じた。類似点を挙げてみると、①通常の店よりひとまわり大きなどんぶりで出され、並でも大盛級のボリュームがある。②具が共通。硬めのチャーシュー、ナルト、メンマ、のり、きざみネギ。③スープが魚介風味の強い醤油味。ここまで似ていれば紛らわしい。無情報で入ったら食べるまでどちらかわからないと思う。

逆に『東池袋系』との違いを挙げてみよう。①麺が黄色い中太ちぢれ麺。こちらの方がいわゆるラーメンらしい。②こちらの方がスープの煮干の風味が強い。柚子?の酸味が効いていて酸っぱい。③スープを覆う油皮膜が強烈。飲むと口の周りにベタベタ感が残る。

両方食べてみて感じたのは、現時点では両方とも個人的に好みではなかった。基本的に和風醤油味は好きなのにも関わらずだ。特に今回の『永福町系』は油がきつ過ぎ酸っぱいので気持ち悪くなってしまった。でも両者とも多数の支持者がいるからこそこれだけ話題になるのだし暖簾分けが出来るのだろうから、ハマる人は多数いるのだろう。たとえ有名店の系列でも個人的に嗜好が合わなかった一例。

« 浸麺拒否 | トップページ | 再来不感 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/10624798

この記事へのトラックバック一覧です: 大勝対比:

« 浸麺拒否 | トップページ | 再来不感 »