カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 鯨軒再訪 | トップページ | 横浜回帰 »

2006年6月26日 (月)

伊太利麺

とにかく歯医者がしつこい。ちまちま治療するからいつまで通えばいいのかと思う。でもこういった機会を全てラーメン巡りにつなげていく。それが今の楽しみ。

で今回行った店はかなり面白い店。かつての人気番組『ガチンコ』の中核コーナー『ガチンコラーメン道』で優勝して与えられた店だそうだ。しかも元イタリアンシェフというのを生かしたイタリア風ラーメンとの事。場所もイタリア風な町並を模した川崎チッタデッラ内の2F。外観は洒落たコーヒーショップのようでとてもラーメン屋には見えない。食券を買って席に着くと水がワインボトルに入って出された。BGMにジャズが流れていてつくづくラーメンに入った気がしない。メニューを見ると基本の『支那そば』が750円!我の認識からするともはやラーメン道から外れている…。

Ramendo03Ramendo02ラーメン道due Italian

『イタリア麺(塩)』780円+『名古屋コーチン煮玉子』150円=930円

スープは半透明の黄色い名古屋コーチンから取ったという鶏油で覆われていているがサッパリしている。この油の甘みが洋風を醸し出し、きざみ玉葱の甘みがそれを増幅して、普通の塩ラーメンという感じではない。麺はイタリア産小麦をブレンドしたというストレート細麺で確かにモチモチしてこのスープによく合う感じ。でも多少柔らかすぎるかな。具は柔らかい巻きバラチャーシュー、極太メンマ、ほうれん草。追加の煮玉子は過去最高の150円!だけど特筆すべきものでもなかった。『鹿児島産のみかん胡椒』をかけてみると味に変化が出てこれもよい。ガチンコ親父佐野実の弟子だけあって素材に異常にこだわってるのがわかる。高額の値段に見合う味ではあり1滴残らず完食。しかしながらラーメンはどこまでいってしまうのか…。ちなみに我が入店して出るまで他に来客は無かった。

« 鯨軒再訪 | トップページ | 横浜回帰 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊太利麺:

« 鯨軒再訪 | トップページ | 横浜回帰 »