カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 新潟鬼脂 | トップページ | 壱鵠味噌 »

2006年6月16日 (金)

蒲田真打

ラーメン激戦区蒲田において現時点で個人的に最も好きなラーメンを出す店、それが『麺匠 呉屋』。真打ち登場だ。場所は何と『らーめん潤』の真向かいに位置し、外観は正に小さく上品な小料理屋。ほぼ毎日目の前を通っていながら、最近ネット情報で初めてラーメン屋だとわかったくらいだ。正直ちょっと初回は入るのに勇気がいった。引き戸を開けたらすぐカウンターで8席あるかないかの小さな店で、内装まで余計なものが無く清潔感がある小料理屋の趣き。トドメに店の雰囲気にぴったりの和風美人の女将さんが厨房にいるのだ。

Kureya01麺匠 呉屋

『汐そば』650円+『味付玉子』100円+『青ねぎ』100円=850円

この店は何と言っても汐そば!初回スタンダードに『醤油そば』を注文したら今や珍しくなくなった青葉系魚介豚骨醤油味でインパクトは無かったが、『汐そば』食べたら評価赤丸急上昇!昼に澄んだスープの『潮そば』、夜には濁ってトロみのある『汐そば』を出す面白いシステム。嗚呼『潮そば』食べれる日はいつのことやら…。

よく凝りに凝りまくっていながら客に全然伝わらない無駄な努力をしている店があるが、この店はその仕事ぶりが真摯に客に伝わってくる。チャーシューーなんか注文ごとに炙って麺にのせている。麺はコシのある中太麺。スープはトロみのある魚介だしの効いた淡い塩味。これに追加の青ネギのみじん切りがものすごく合う。100円で十分元は取れる。味付煮玉子もトローリ絶品!毎回一滴残さず完食だって!実はまだ汐2回目だけど(汗)。これで基本650円の計850円って安いと思う。ただ全体的に上品な仕上がりなので、逆に中毒性は薄いと思う。それは自分が下品好みだからか?個人的には『本丸亭』の塩より好きな味だ。

« 新潟鬼脂 | トップページ | 壱鵠味噌 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蒲田真打:

« 新潟鬼脂 | トップページ | 壱鵠味噌 »