カテゴリー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 対照接客 | トップページ | 境界麺上 »

2006年6月13日 (火)

二郎狂列

『ラーメン二郎』がここに出店したのは約1年半前の2004年10月だという。開店当初から存在は知っていた、というか知らされていた。何せ店の前を通りがかる度に2、30人の行列が常時出来ていた。人並みにはラーメン好きである自分でも躊躇してしまう程だ。それに近所という事もあり大行列の後に並ぶ気が起こらず入店する事は無かった、今日まで。

先週のリベンジを果たすべく開店約15分前に行ったらもう8人も並んでやがった。しかもそいつら全員ガラの悪いアンちゃんとネーちゃん達なのでホントにそこに並んでいいか躊躇した。単に店の前でタムロしてるところに我が横に立ってたらあまりに間抜けだから。結果彼らも開店待ちの様子で心配は杞憂に終わったが、5分もしたら我の後に更に10人を超える人の列が!一般的な考え方をすればラーメン屋に並んでいる事すら酔狂なのに、開店前に並んでるってホントに狂ってるよ!我だって今日生まれて初めてそんな事してしまった。軽い自己嫌悪。更に自分の事思いっきり棚に上げて言えば、平日火曜の6時前に開店前のラーメン屋に並んでいる人達は一体なんなのだろうか?列に並びながら「日本は狂っているっ!」と思った。それだけ尋常じゃない雰囲気だった。いよいよ開店でシャッターが開き何とか初回から席に座る事が出来た。店内は縦長で狭くカウンターのみ11席あるようだ。

Kanjiro01ラーメン二郎 横浜関内店

『小ブタ(にんにく)』700円+『汁無し』80円+『チーズ』80円=860円

考えてみれば正式に『ラーメン二郎』の看板を掲げている店に入るのは今回初めて。『蒲田 大』や『暖々』などの旧二郎と呼ばれる店には入った事はあったが。

今回この店オリジナルという『汁なし』を頼んでみた。何で汁を抜いて80円取られるのかと思ったら生卵と揚げニンニクが載っていた。あと汁無しといいつつ下の方には汁があり油そば感覚というところか。基本の味自体は通常の二郎味だと思う。ところが有料トッピングのとろけるチーズが凄くイイ!ラーメンにチーズなど普通はイロモノ扱いだが、二郎にチーズがこれほど合うのは意外すぎた!卵もまぶして味もマイルド!チャーシューもトロトロ柔らかく美味しい!濃い汁以外は全て食べきった。

大満足で店を出ると入店前以上の行列が出来ていた。繰り返すが平日火曜の6時半過ぎ…。「3回通えばジロリアン(二郎マニア)」とか勝手に思っていた自分が甘すぎだった事がわかった。次に店に入れるのはいつになるやら…

« 対照接客 | トップページ | 境界麺上 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179231/10511300

この記事へのトラックバック一覧です: 二郎狂列:

« 対照接客 | トップページ | 境界麺上 »