カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

トップページ | 2006年6月 »

2006年5月31日 (水)

川崎寄道

帰宅中川崎で途中下車。ここの駅ビルの地下にラーメン集合体『ラーメンシンフォニー』がある。ゲンナリなネーミングだが、なかなかな有名6店舗が集合していると聞く。こういうところはどこでもそうだが土日となるとエライ混み様で行列に並ぶのが必至の状態だが、平日となれば即席だ。となればとこのところ頻繁に寄り道している。夜10時半まで営業しているのがうれしい。

今日は本鮪スープがウリの「くにがみ屋」へ。本店は東久留米という我には縁もゆかりもない土地にあるという。

Kunigami01本鮪ラーメン くにがみ屋川崎BE店

『甘露(味玉)らーめん』 800円

店にはやたら『新醤油らーめん』の張り紙があり、最近スープを変えたらしい。4つの素材(本鮪+鶏+真鯛+豚)で作ったクアトロスープをアピール。食べた印象も確かに魚貝+動物スープの青葉系に似てると言えば似ている(かなり無理して言うとだが)。アッサリというよりコク不足の印象。鶏と豚というオーソドックスな材料に本鮪が殺されているのかな?

残さず完食したので美味しいは美味しいのだが、残念ながら習慣性がある(クセになる)味ではなかった。スープ変える前の本鮪スープってのは他では聞いた事無かったので、それを食べたかった。ネット上の批評だとこの集合体の中では苦戦しているらしい。だから焦って変えちゃったのかな?がんばってほしいが。

それと今回でハッキリしたけどこの集合体の全店舗、きっと本店よりも量が少ないはず。それでいて普通の値段設定。ショバ代とか色々あるんだろうが損した気分になってしまう。、もう明らかにどんぶりが小さいよ!上の写真で普通に見えるかもしれないけどこうだよ!Kunigami02食べた後、カレーショップの横を通った時猛烈にカツカレー食いたくなった。そろそろラーメンも一段落かな?

2006年5月30日 (火)

本丸鶏塩

今日は講習会だったので午後5時には最寄り駅に到着。こんなに早いと逆になんか戸惑い、すぐに帰宅する気になれない。

そこで思いついた。いつも週末になると行列で行けないし入りずらいあの店へ行こう!

Honmaru02こんな外観の店。簡単に言うと、女二人組がHanakoとか片手に「ホントにお前らで食いきれるのか?」と思うくらい注文して、キャーキャー話しながらもたもた食い「美味しいねー。でももうお腹いっぱいになっちゃったー」と案の定大量に残すよーな姉ちゃん達が好きそうなオシャレなお店。近所にあるのに我にとっちゃー大変入りづらい店だ(偏見入りまくり)。

だがこの店、各ラーメンサイトで常に上位にランキングされ、「最高の塩ラーメン」と名高い。これは機会があれば行きたいなーと思っていた。そこで平日の夕方早くコソーリ入店。先客は老夫婦二人だけ。

Honmaru01_2らー麺本丸亭 横濱元町店

『鶏塩らー麺』850円+『お茶漬け』150円=1000円

春菊はスープに浸して食べる。オプションのお茶漬けは麺を食べた後に器に入れて食べる。刻み梅干、わさび、海苔付き。麺は平打ちシコシコ。それに鶏が凄く美味かった!最後のお茶漬けまで一粒残さず、スープ一滴残さず完食!でも基本的に味はタンメンだった。

よくラーメン通は「塩が一番その店の実力がわかる!」とか言ってるけど、正直塩ラーメン自体あまり食べる機会ないから比較など出来ないんだよ!とにかく上品!美味しかったのは確かだがラーメン屋に行った気がしない…。高級料理店で単品だけ食べた感じ。ラーメンもここまできたか…。ちなみに基本の『塩らー麺』が700円オーバーの735円。やはりお高い。

2006年5月29日 (月)

拉麺嗜好

結果的にこのブログ、食べ物ブログと化している…。

理由は現時点のマイブームがラーメンだから。今さらながら(-_-;)

老若男女問わず日本人がこれほど熱中している食べ物が他にあるだろうか?。昔ながらに味を守る老舗。厳しい修行の末暖簾分けで出店する者。斬新な工夫で一気に業界に切り込む新鋭店。ラーメン好きが講じて脱サラして参戦する素人あがりの店。そういう店が雨後の竹の子のごとく誕生してはアッという間に消えていく激し過ぎる競争が全国、地方レベルでも展開されている為、異常なまでに進化し続けている。世界的にも凝り性(職人気質)といわれ、国内で競争していて気がついたら世界レベルで凄いものつくってたという事が多い日本人がだ。これはきっと凄い事になっているに違いない。

しかも客の方もラーメン関連サイトが乱立してすぐ情報が得られる為、目と舌が肥えて他の外食に比べて段違いに評価が厳しい。恐ろしいまでに過酷な世界と言える。

その異常進化ぶりを実際味わってみたいという野次馬根性が理由だ。思いっきり後付の理由だな(笑)。ラーメンというカテゴリーの中でどれだけ異常な進化を遂げているかを知りたい。だから別に「ちょっと醤油がとんがっている」とか「あの麺は酒井製麺の2番の麺だ」とかとか訳のわからない事は、マニアがたくさんいるのでその人達に任せる。そういう人をラーメンオタク、略して『ラオタ』というらしい。(ただ最近自分もブログに載せる為、食べる前にケータイで写真を撮るので傍から見れば完全に『ラオタ』だろーな。)味覚なんて人それぞれだ。

とはいえ、ラーメンの個人的嗜好をまず明確にしておきたい。横浜出身なもので横浜家系、こってり豚骨醤油で太麺。これが自分の中での「ラーメン」のスタンダードとなっている。特に太麺であるのとないではどうしても評価が変わってしまう。細麺のラーメンはラーメンを食べている気がしない。よってあまり九州系のラーメンは好まない。

Takasagoya とんこつラーメン たかさご家 本店

『ラーメン(並)(麺かため)』600円+『味付玉子』100円=700円

あと最近暗黙の了解事項だと思っていたが、基本的にラーメンって食い物はいわゆる庶民の食べ物であるべきでしょ?その店の一番スタンダードなラーメン単品が700円以下である事。これは味以前の条件だと思うんだけど。

という価値観を持っているが、あえてそれにこだわらずいろいろなラーメン屋に出向いてみている。特にご当地ラーメンや「~系」というある程度支持を得て完成したそのラーメンのバリエーションに興味がある。よーはいろんなラーメンが食べてみたい!って事(笑)。

2006年5月28日 (日)

大喰後悔

今日は日中晴れ間が出て気温は急上昇。近所といってもちょっと普段行かない場所へスクーターで出向いた。

Chinatori01_1 で昼に「チャイナ飯店」という中華料理屋に入って『鶏肉チャーハン』を頼んだ。840円って高いなーと思ってたら、出てきたのがコレ。ごあぅ!何じゃこりゃ!

で結果を言うと7割方を残してタップアウト。量もそうだけど、味が薄いし炒飯がベチャベチャ。久々に外食で大ハズレ!しばらくはその味なし鶏カラの感覚が口に残って気持ち悪かった。

それでよせばいいのに口直ししたくてラーメン屋へ。『北斗』という札幌ラーメンの店。味が濃いのを食べたい気持ちだったので、普段は頼まない『味噌ラーメン』を。

Hokuto札幌ラーメン 北斗 『味噌ラーメン』 700円

濃厚で辛味のあるスープ。久々味噌もいいなー。しかし案の定食いきれず3割残してしまいました…。何で自制心働かなかったのかなー。何一ついい事はないのに…。

2006年5月27日 (土)

宮垂購入

雨の休日。昼頃雨が一時的に止んだので近所で簡単な買い物を済ませる。近所とはいえ何故かあまり行かない「いなげや」に。すると意外なものを発見!

Miyanotare_2  「ステーキ宮」のたれ(生) 1個100円

「ステーキ宮」って北関東を中心に展開しているステーキチェーン店。今はファミレスみたいになっちゃったと聞く。小学生の頃小山市に住んでたんで、よく家族で行ったもんだ。その玉ねぎやにんにくのおろしタレがバツグンだったのを今も覚えている。小さな容器に入ったそれを見た瞬間、その味が口の中で記憶が甦った。早速5個も購入してしまった。ステーキ以外にもいろいろ使えそうだから。今日は開封しなかったが、近いうちに試そう。楽しみ。あとはミネラルウォーター「温泉水99」2リットル×2本購入。

その後有隣堂で無駄使いしてしまった。

『30日間マクドナルド生活』マツモトケイジ(祥伝社)

『東京路地裏<懐>食紀行』ブラボー上川&藤木DTC(ちくま文庫)

何故か食い物本ばかり。対通勤用暇つぶし本。まだ完読してない、読み散らかしている本がたくさんあるというのに…。

初一歩目

うーむ。

何故怠け者の自分がブログなどを始めようと思ったのだろう。

自己表現の欲求。

自分はこんな考え方をして、こんな感じ方をするのだと誰かに知って欲しい。いつか誰かに知って欲しくて、その証を残したい。

ブログを始める人は多かれ少なかれそう考えて始めたと思う。

ブログタイトルを日記としたが、特にその日にあった事だけを記するのではなく、自分の考えや感じた事を自由に書いていきたい。

ただあまり自由すぎてもまとまりが悪いので、タイトルを四字漢字で統一する事に挑戦してみようと思う。

最初から堅苦しいと自分でも感じるが、それもまた自分。

トップページ | 2006年6月 »